検索結果 全1042作品 公開年逆順 公開年順 作家名逆順 作家名順 作品名逆順 作品名順

  • 評論・研究 大西 操山 批評論

    創作と批評 名評の得難き、殆ど名作の得難きに下らず、「ハムレット」を評する者、ゲーテの如きあり、其批評の至妙なる、マコレーをして、嘆美と絶望とに余念なからしめたり、然れどもシェーキスピアーのゲーテを得る迄には殆ど二百年を経過せり、夫れ文学及美術上の創作は主として結構的作用に属す、理解的慧眼を以て其結構の妙処を穿(うが)つは是れ批評家の本領とする所なり、批評家と創作家とは頗<rp

  • 評論・研究 大宅 壮一 「無思想人」宣言

    「きさまはエタイの知れぬやつだ。右か左かハッキリしろ」 ということを私が最初にいわれたのは、今から二十何年か前、警視庁の特高取調室においてである。 「あなたの方できめてください。実はぼく自身にもよくわからないんですよ」 と答えるほかはなかった。検挙された理由は、そのころ多かったシンパ事件で、現在左派社会党代議士になっている細迫兼光君から求められるままに、そこばくの金を出したのがいけなかったのである。長谷川如是閑氏がつかまったのと、たしか同じケースだった。そのころまで進歩的知識人の総元締のような立場にあった如是閑氏は、これを機会に元の日

  • 評論・研究 大内 力 ファシズムへの道 準戦時体制へ

    準戦時体制へ 挙国一致内閣 五・一五事件で犬飼毅(いぬかいつよし)が暗殺されたことによって内閣は瓦解したが、それは同時に政党内閣の終焉を意味するものだった。 通常のばあいだと、内閣が倒れると、天皇から元老<rb

  • 大林 しげる 怒らねば

    ふりかえってみると、果てなく続けられるのかと思われたパレスチナ人の対イスラエル人テロ・・・とくに自爆テロは、ニューヨークでの、乗客をそっくりまきこんでの同時多発自爆テロの発生で世界が恐怖のどん底にたたきこまれたせいもあり、パレスチナ政府がテロ撲滅をいち早く承認決定したこともあってか、このところは対イスラエル人自爆テロは発生していない。 ところで、今回の同時多発テロはあちらでは“KAMIKAZE”と呼ばれているらしい。爆弾を抱いて自死するという日本の太平洋戦における神風特攻隊の攻撃手段や、1972年にテルアビブ空港で乱射事件を起こした日本赤軍事件などを通して伝えられ、ア

  • 戯曲 大佛 次郎 楊貴妃

    三幕 天 真(後の楊貴妃) 玄 宗 皇 帝 楊 国 忠(従兄) 韓 国 夫 人(一の姉) かく国 夫 人(二の姉) 秦 国 夫 人(三の姉) 高 力 士 李 白 陳 元 礼 注 ...

  • 小説 瀧井 孝作 結婚まで

    一 信一は、笹島さんを彼女を恋して居る、この心持は段々にそれと自分に分つたが、信一は彼女をはつきりと思ふ工合になつても、この一ツの心持は誰れにも秘めてヂツと堪えて居た。彼女に付いて知識は実になかつたが、姓だけで、名も年齢も、信一は未だ知らないのだが……。 其姓は、去年我孫子(あびこ)に居て始めてきゝ、覚えた。近くの菅さんで、菅さんに向ひ夫人のてい子さんは「笹島さん笹島さん」と

  • 谷口 典子 悼心の供え花

    目次悼心の祭り(序にかえて)墓石盆踊り甍彼岸花あったことうまかものさち弟は三つ<

  • 小説 谷本 多美子 把手のない扉

    夜になった。長い一日だった。午前中、リトル・ロックのダウンタウンの教会で、ホームレスや生活困窮者たちに食事を配る手伝いをして、午後、三百キロの道程をドライブしてミシシッピ州までやって来た。助手席に乗っていただけだが、疲れた。日本からの時差の疲れもまだ残っているようだ。 洗面所とシャワールームの蜘蛛の巣を手で取り払って、シャワーと洗面を済ませて簡易ベッドに横になった。外は物音一つしない。闇と静寂がミス・サンダースとテリーサの家を覆っている。通路を挟んだ向かい側のミス・サンダースの部屋からかすかな音が漏れてくる。テレビの音らしい。 疲れているのに意識が冴

  • 小説 池谷 信三郎

    一 人と別れた瞳のやうに、水を含んだ灰色の空を、大きく環(わ)を描き乍(なが)ら、伝書鳩の群が新聞社の上空を散歩してゐた。煙が低く空を這つて、生活の流れの上に溶けてゐた。 <rb

  • 池田 實 寓話

    時間の淵に 今世紀の地平線の夕映えの向こうに 不安に痙攣する鈍色の空が見える いつか人生の傲慢と交換される死があって 未来はいつも日常に危うい時間を刻んでいる この春肉親が死んで 身近に揺れている死者の影 僕の余命の期待値も不気味に点滅している 重ねられた時代の荒野の背景に 大砲は錆びて冷えた仰角を整列させ 絶望を引きずった兵士らの重い足音が 時代を超え

  • 池田 實 続・寓話

    鳩は翔んだか 「事物と言葉は同じ傷口から血を流す」と 語った詩人は詩の祭壇に祀られて苦笑しているだろう 大鳥居の中だけが白昼の闇に輝くその日 神道の細道に人形祓いの神官は小走り 神殿に柏手を打つモーニングの紳士ら 菊の紋章の神殿に 舞台は戦中に暗転する 境内にヒョットコとオカメが群れて集まり 日の丸の小旗を振り “ウミユカバミズク

  • 随筆・エッセイ 池島 信平 狩り立てられた編集者

    横浜事件の影 昭和二十年三月十日の空襲は壊滅的で、わたくしの当時住んでいた本郷の家も、そのために焼けた。わたくしは家がないため、すぐ雑司ガ谷の菊池寛氏の家に転げ込み、そこで応召するまでの二ヵ月間、居候(いそうろう)した。 或る日、用事があって本郷へ行き、たまたま焼跡のあたりを通りかかると、本郷三丁目のほうから渡辺潔君が来るのに出遇った。渡辺君は当時、『日本評論』の編集部員であった。 <

  • 小説 竹西 寛子 兵隊宿

    ひさし少年は、馬の絵をかいている。 三頭の軍馬が、並んで駆けて行く姿を真横からかいている。 日曜日なのに、父親は工場から迎えの人が来て、つい先程、朝食が終ると早々に出かけて行った。出かける前に、これが今日の分だよ、と言って、四つ切の画用紙を一枚ひさしに渡した。 勉強部屋は、日々草が咲く裏庭に面しているので、母親と住み込みの小母さんが洗濯物を干しながら話しているのがみんな聞えてくる。この家の物干場は、ひさしの部屋からは見えないところにあるのだが、今日は、そこが客蒲団や敷布類でふさがってしまったため、母親と小母さんは、裏庭の樫の木を利用

  • 竹村 浩 高原を行く(抄)

    目次狂児と女性(一、血で描いた出発の図)道徳家鈍な娘岡谷景物 狂児と女性(一、血で描いた出発の図) 私は腐蝕した鉄の歯車 がりがり人生を噛み 青赤の錆水の中に苦悩して 乱

  • 随筆・エッセイ 竹田 真砂子 言葉の華  ――耳に残るセリフ――

    つらね 「太初(はじめ)に言(ことば)あり」 新約聖書ヨハネ伝はこの一節から始まる。 さらには「これに命あり、この命はひとの光なりき」とも。 その言葉が、日本では最近はとみに乱れてきたといわれる。もちろん人間が置かれた環境によって言葉が変化するのはいたし方のないことで、

  • 竹内 浩三 骨のうたう(抄)

    目次骨のうたうぼくもいくさに征くのだけれど演習一演習二望郷 骨のうたう 戦死やあわれ 兵隊の死ぬるや あわれ 遠い他国で ひょん

  • 竹内 勝太郎 黒豹

    あいつは随分年老(としと)つてゐるらしい、 全身そそけ立つた毛がザラザラしてゐる、 濃灰色のなかには斑点がくつきり黒い、 平野の奥に身を潜(ひそ)めて鋭い息を燃(もや)してゐる。 あいつの眼、あいつの牙、あいつの爪、

  • 中井 ひさ子 動物記

    ビルのかげで 西新宿の角を二つ曲がると ビルのかげで ペンギンたちが おしくらまんじゅうをしていた 薄い日差しの中 押されてみたかったから そっと かがみこんで 仲間に入った ペンギンの背中が 叙情的だなんて 知らなかった 時々 嘴があたると 私の背中の

  • 中原 中也 中原中也詩選

    春の日の夕暮は穏かです アンダースローされた灰が蒼ざめて 春の日の夕暮は静かです 吁(ああ)! 案山子(かかし)はないか――あるまい 馬嘶(いなな)くか――嘶きもしまい ただただ月の光のヌメランとする

  • 中原 中也 盲目の秋

    I 風が立ち、浪が騒ぎ、 無限の前に腕を振る。 その間(かん)、小さな紅(くれなゐ)の花が見えはするが、 それもやがては潰れてしまふ。 風が立ち、浪が騒ぎ、 無限のまへに腕を振る。 もう永