最初へ

凱旋祭

 紫(くれなゐ)の旗、空の色の靑く晴れたる、草木の色の緑なる、唯うつくしきものの(いや)が上に重なり合ひ、打混(うちこん)じて、譬へば大幻燈(うつしゑ)花輪車(のくわりんしや)の輪を造りて、烈しく舞出(まひい)で、舞込(まひこ)むが見え候のみ。何をか(いとぐち)として順序よく申上げ候べき。全市街は其日朝まだきより、七色(しちしよく)を以て彩られ候と申すより他はこれなく候。

 紀元千八百九十五年-(ぐわつ)(にち)凱旋祭(がいせんまつり)は、小生が覺えたる觀世物(みせもの)(うち)に最も(おほい)なるものに候ひき。

 知事の君をはじめとして、(けん)()に有數なる顯官、文官武官の數を盡し、有志の(しん)(しやう)、在野の紳士など、(ことゞゝ)く銀山閣といふ倶樂部組織の館に會して、凡そ半年月あまり趣向を(こら)されたるものに候よし。

 先づ巽公園内にござ候記念碑の銅像を以て祭の中心といたし、こゝを式場にあて候。

 この銅像は(たけ)一丈六尺と申すことにて、臺石(だいいし)は二間に餘り候はむ、(こつ)(じよ)として喬木の梢に立ちをり候。右手(めて)(ひつさ)げたる百錬(ひやくれん)(てつ)(つるぎ)は霜を浴び、月に映じて、()()古れども(せい)(しよく)見えず、仰ぐに日の光も寒く輝き候。

 銅像の(かしら)より八方に綱を曳きて、數千の鬼灯提灯(ほゝづきぢやうちん)を繋ぎ懸け候が、これをこそ趣向と申せ。一ッ一ッ皆眞蒼に(いろど)り候。提灯の表には、眉を(ゑが)き、鼻を描き、(まなこ)を描き、口を描きて、人の顔になぞらへ候。

 さて目も、口も、鼻も、眉も、一樣(いつやう)普通のものにてはこれなく、いづれも、ゆがみ、ひそみ、まがり、うねりなど(つかまつ)り、なかには念入にて、醉狂にも、眞赤な舌を吐かせたるが見え候。皆切取つたる敵兵の首の形にて候よし。されば其色の蒼きは死相をあらはしたるものに候はむか。下の臺は、切口なればとて赤く塗り候。上の臺は、尋常に黑くいたし、辮髪(べんぱつ)とか申すことにて、――蕨繩(わらびなは)にてぶら/\と釣りさげ候。一ッは仰向き、一ッは俯向き、横になるもあれば、縱になりたるもありて、風の吹くたびに動き候よ。

 (もよほし)(かゝ)ることは、たゞ九牛の一毛に過ぎず候。凱旋門は申すまでもなく、一廓(いつくわく)數百金を以て建られ候。(あたか)も記念碑の正面にむかひあひたるが見え候。また其傍(そのかたはら)に、これこ見物(そみもの)に候へ。ここに三抱(みかゝへ)に餘る山櫻の遠山櫻とて有名なるがござ候。其梢より根に至るまで、枝も、葉も、幹も、すべて靑き色の毛布にて蔽ひ包みて、見上ぐるばかり巨大なる象の形に(こしら)へ候。

 毛布はすべて旅團の兵員が、遠征の(きは)に用ゐたるをつかひ候よし。其數(そのすう)八千七百枚と承り候。長蛇の如き巨象の鼻は、西の(かた)にさしたる枝なりに二蜿(ふたうね)り蜿りて(ポン)()を見るやう、空高き梢より樹下を流るゝ小川に臨みて、いま水を吸ふ處に候。(あし)は太く、折から一員の騎兵の通り合せ候が、(かぶと)(がた)の軍帽の頂より、爪の裏まで、全體唯其前脚の(うしろ)にかくれて、(わづか)に駒の尾のさきのみ、此方より見え申し候。かばかりなる巨象の横腹をば、眞四角に切り開きて、板を渡し、こゝのみ赤き(せん)を敷詰めて、踊子が(まひ)の舞臺にいたし候。葉櫻の深翠(ふかみどり)したゝるばかりの頃に候へば、舞臺の上下(うへした)にいや繁りに繁りたる櫻の葉の洩れ出で候て、舞臺は薄暗く、緋の毛氈の色も黑ずみて、もののしめやかなるなかに、隣國を隔てたる連山の(いただき)遠く二ッばかり眉を描きて見渡され候。遠山櫻あるあたりは、公園の中にても、眺望の勝景第一と呼ばれたる處に候へば、(かた)の如き巨大なる怪獸の腹の下、脚の四ッある間を(すか)して、城の(やぐら)見え、森も見え、橋も見え、日傘さして橋の上渡り來るうつくしき女の藤色の衣の色、恰も藤の花一片(ひとひら)、一片の藤の花、いと/\小さく、ちらちら眺められ候ひき。

 こは月のはじめより造りかけて、凱旋祭の前一日の(ひる)すぎまでに出來上り候を、一度見たる時のことに有之(これあり)候。

 夜に入ればこの巨象の兩個の(まなこ)に電燈を(ひとも)し候。折から曇天に候ひし。一體に樹立深く、柳松など生茂りて、くらきなかに、其蒼白なる光を洩し、巨象の形は小山の如く、喬木の梢を籠めて、雲低き天に接し、朦朧(もうろう)として、公園の一方にあらはれ候時こそ怪獸は物凄まじき其本色(そのほんしよく)を顯し、雄大なる趣を備へてわれ/\の眼には(えい)じたれ。(はく)(ちう)はヤハリ唯毛布を以て包みなしたる山櫻の妖精に他ならず候ひし。雲はいよ/\重く、夜はます/\(くら)くなり候まゝ、(きよ)の如き(いつ)(さう)の眼、暗夜に水銀の光を放ちて、この北の方三十間、小川の(ながれ)一たび灌ぎて、池となり候池のなかばに、五條の噴水、靑龍の口よりほとばしり、なかぞらのやみをこぼれて篠つくばかり降りかゝる吹上(ふきあげ)の水を(てら)し、相對して、またさきに申上候銅像の右手に(ひつさ)げたる百錬鐵の劍に反映して、次第に黑くなりまさる漆の如き公園の樹立の(なか)に言ふべからざる森嚴の趣を呈し候、いまにも雨降り候やうなれば、人さきに立歸り申候。

 あくれば凱旋祭の當日、人々が案じに案じたる天候は意外にもおだやかに、東雲(しのゝめ)より密雲(みつうん)破れて日光を洩し候が、午前に到りて晴れ、晝少しすぐるより天晴(あつぱれ)なる快晴となり澄し候。

 さればこそ(ぜん)申上げ候通り、たゞうつくしく賑かに候ひし、全市の光景、何より申上げ候はむ。こゝに繰返してまた單に一幅(いつぷく)わが縣全市の圖は、七色(しちしよく)を以てなどりて彩られ候やうなるおもひの、筆執ればこの紙面にも浮びてあり/\と見え候。いかに貴下、左樣に候はずや。黄なる、紫なる、紅なる、いろ/\のはた旗天を蔽ひて大鳥の群れたる如き、旗の透間の空靑き、樹々の葉の翠なる、路を行く人の髪の黑き、(かざし)の白き、手絡(てがら)の緋なる、帯の錦、袖の綾、薔薇(しやうび)の香、伽羅(きやら)の薰の(くん)ずるなかに、この身體一ッはさまれて、歩行(ある)くにあらず立停るといふにもあらで、押され押され市中(まちなか)をいきつくたびに一歩づゝ式場近く進み候。横の町も、縱の町も、角も、辻も、山下も、坂の上も、隣の小路もたゞ人のけはひの(ぐわう)々とばかり遠波の寄するかと、ひッそりしたるなかに、(あるひ)は高く、或は低く、遠くなり、近くなりて、()(てい)に響き候のみ。裾の埃、(あゆみ)の砂に、兩側の二階家の欄干に、果しなくひろげかけたる紅の毛氈も白くなりて、仰げば打重なる見物の男女(なんによ)が顏も朧げなる、中空にはむら/\と何にか候らむ、陽炎の如きもの立ち迷ひ候。

 (ばん)(ぢやう)の塵の中に人の家の屋根より高き處々、中空(なかぞら)に斑々として目覺しき牡丹の花の飜りて見え候。こは大なる()()の上に書いたるにて、片端には彫刻したる獅子の(かしら)を縫ひつけ、片端には(いと)(つか)ねてふつさりと揃へたるを結び着け候。この尾と、其頭と、及び(くだん)の牡丹の花描いたる母衣とを以て一頭の獅子にあひなり候。(どう)(なか)には靑竹を()りて曲げて()にしたるを幾處にか入れて、竹の兩はしには屈竟の壯佼(わかもの)居て、支へて、(ふく)らかに幌をあげをり候。頭は一人の手して、力(たく)ましきが猪首にかゝげ持ちて、(しゆ)(ぼん)の如き口を張り、またふさぎなどして威を示し候都度、仕掛を以てカッ/\と金色(こんじき)の牙の鳴るが聞え候。尾のつけもとは、こゝにも竹の棹つけて支へながら、人の軒より高く突上げ、鷹揚に右左に振り動かし申候。何貫目やらむ尾にせる絲をば、眞紅の色に染めたれば、紅の細き瀧支ふる雲なき中空(なかぞら)より(さかさ)におちて風に揺らるゝ趣見え、要するに空間に描きたる獸王の、花々しき牡丹の花衣(はなぎぬ)着けながら躍り狂ふにことならず、目覺しき獅子の皮の、かゝる牡丹の母衣(ほろ)の中に、三味(さみ)、胡弓、笛、太鼓、鼓を備へて、節をかしく、且つ行き、且つ鳴して(ひと)ゆるぎしては式場さして近づき候。母衣の裾よりうつくしき衣の裾、ちひさき女の足などこぼれ出でて見え候は、(うた)(ひめ)の上手をばつどへ入れて、この樂器を司らせたるものに候へばなり。

 おなじ仕組の同じ獅子の、唯一つには留まらで、主立つたる町々より一つ(づゝ)、すべて十五六頭()り出だし候が、群集(ぐんじゆ)のなかを處々横斷し、點綴(てんてつ)して、白き地に牡丹の花、人を(おほ)ひて見え候。

 群集ばら/\といつ一(せい)に左右に分れ候。

 不意なれば()()めきながら、おされて、人の軒に仰ぎ依りつゝ、何事ぞと存じ候に、黑き、長き物ずる/\と來て、町の()()を一文字に貫きながら矢の如く駈け拔け候。

 これをば心付き候時は、ハヤ其物體の頭は二三十間わが眼の前を走り去り候て、いまは其胴中あたり(しき)りに進行いたしをり候が、(あたか)も凧の絲を繰出す如く、()(はり)燈籠の間斷なきやう俄に果つべくも見え申さず。唯人の頭も、顔も、黑く塗りて、肩より胸、背、下腹のあたりまで、墨もていやが上に濃く塗りこくり、赤褌襠(ふどし)着けたる(いしき)(はぎ)、足、踵、これをば朱を以て眞赤に色染めたるおなじ扮装(いでたち)壯佼(わかもの)たち、幾百人か。一人行く前の人の後へ後へと繋ぎあひ候が、繰出す如くずん/\と行き候。およそ半時間は連續いたし候ひしならむ、やがて最後の一人の、()(らだ)黑く足赤きが眼前をよぎり候あと、またひら/\と群集左右より寄せ合うて、兩側に別れたる路を塞ぎ候時、其の過行きし方を打眺め候へば、彼の怪物の全體は、遙なる(むかう)の坂をいま(うね)り/\のぼり候首尾の全きを、いかにも()(かで)と見受候。あれはと見る間に百尺(ひやくせき)波狀の黑線の左右より、二條の砂煙眞白にぱッと立つたれば、其尾のあたりは埃にかくれて、躍然として(もた)げたる其臼の如き頭のみ坂の上り()くる處雲の如き大銀杏の梢とならびて、見るがうちに、またたゞ七色の道路のみ、獅子の背のみ眺められて、()(かで)眼界(がんかい)を去り候。疾く既に式場に(ちやく)し候ひけむ、風聞(うはさ)によれば、市内各處に於ける勞働者、たとへばぼてふり、車夫、日傭取(ひようとり)などいふものの總人數をあげたる、意匠の(バフナリー)に候とよ。

 彼の巨象と、幾頭の獅子と、この()(かで)と、この群集とが遂に皆式場に會したることをおん(ふくみ)の上、靜にお考へあひなり候はば、いかなる御感じか御胸に浮び候や。

 別に凱旋門と、生首提灯と小生は申し候。人の目鼻書きて、靑く塗りて、血の色染めて、黑き蕨繩(わらびなは)着けたる提灯と、龍の口なる五條の噴水と、銅像と、この他に今も眼に染み、腦に印して覺え候は、式場なる公園の片隅に、人を避けて悄然と立ちて、淋しげにあたりを見まはしをられ候、(ひとり)個年若き佳人にござ候。何といふいはれもあらで、薄紫のかはりたる、藤色の衣着けられ候ひき。

 このたび戰死したる少尉B氏の令閨に候。また小生知人にござ候。

 あらゆる人の嬉しげに、樂しげに、をかしげに顔色の見え候に、小生はさて置きて夫人のみあはれに(しを)れて見え候は、人いきりにやのぼせたまひしと案じられ、近う寄り聲をかけて、もの問はむと存じ候折から、おッといふ聲、人なだれを打つて立騷ぎ、悲鳴をあげて逃げ惑ふ女たちは、水車(みずぐるま)の齒にかゝりて撥ね飛ばされ候やう、倒れては遁げ、轉びては遁げ、うづまいて來る大蜈蚣のぐる/\と卷き込むる環のなかをこぼれ出で候が、令閏とおよび五三人は其中心になりて、十重二十重に卷きこまれ、(のが)るゝ隙なく(ふし)まろび候ひし。警官駈けつけて後、他は皆無事に起上り候に、うつくしき人のみは、其のまゝ(もすそ)をまげて、()たず(よこた)はり候。塵埃の其つやゝかなる黑髪を(けが)す間もなく、衣紋(えもん)の亂るゝまもなくて、()うはなりはてられ候ひき。

 ()(かで)は、これがために寸斷され、此處に六尺、()(しこ)に二尺、三尺、五尺、七尺、一尺、五寸になり、一分になり、(ずた)々に切り刻まれ候が、身體の黑き、足の赤き、切れめ/\に酒氣を帶びて、一つづゝうごめくを見申し候。

 日暮(ひぐ)れて式場なるは申すまでもなく、十萬の家軒ごとに、おなじ生首提灯の、しかも(たけ)三尺ばかりなるを揃うて一齊に(ひとも)し候へば、市内の隈々(くまゞゝ)塵塚の片隅までも、(まつ)(さを)き晝とあひなり候。白く染め拔いたる、目、口、鼻など、大路小路の(つち)の上に影を宿して、靑き灯のなかにたとへば蝶の舞ふ如く蠟燭(らふそく)のまたゝくにつれて、ふは/\と其幻の浮いてあるき候ひし。ひとり、唯、單に、一宇の門のみ、生首に(ひとも)さで、淋しく暗かりしを、怪しといふ者候ひしが、さる人は皆人の心も、ことのやうをも知らざるにて候。其夜更けて後、俄然として暴風起り、(しゆ)()のまに大方の提灯を吹き飛ばし、殘らず灯きえて眞闇(まつくら)になり申し候。闇夜(やみよ)のなかに、唯一ッ凄まじき音聞え候は、大木の吹折られたるに候よし。さることのくはしくは申上げず候。唯今風の音聞え候。何につけてもおなつかしく候。

  (ぐわつ)   ()

     ぢ い 樣

日本ペンクラブ 電子文藝館編輯室
This page was created on 2013/04/02

背景色の色

フォントの変更

  • 目に優しいモード
  • 標準モード

泉 鏡花

イズミ キョウカ
いずみ きょうか 小説家。1873(明治6)年~1939(昭和14)年。石川県金沢市生まれ。帝国藝術院会員。大正時代から昭和初期までに活躍した小説家。『高野聖』で人気作家となる。他の主な作品に『照葉狂言』、『婦系図』、『歌行燈』などがある。  江戸文芸の影響を深くうけた怪奇趣味と特有のロマンティシズムで知られ、日本語表現の魔術と賞賛された天才の一人と言われ、近代における幻想文学の先駆者としても評価される。古今独歩の美しい幻想境を歩む一方、愛憎の念とともに日本社会の虚栄虚飾に批評の視線を鋭く刺しこみ、自ら弱者との共同歩調を生涯堅持した。その思想と姿勢とを象徴的に打ち出した世界は「海=水」、その主たる龍・蛇は生涯の作品に隠見して優れた主題性を示している。

 掲載作『凱旋祭』は、凱旋という戦勝の祭が舞台。祭の後の寂寥は、勝ち戦と言えども戦の後の空しさを滲み出す。同じ格好に真っ赤に染めた若者幾百人の通りすぎた後に残された若い婦人の横たわる遺体が、非戦の思いとして象徴的に描かれている。初出は1897(明治30)年5月、「新小説」(第2年第6巻)。底本として『鏡花全集第3巻』(1974年=昭和49年1月、岩波書店刊)を使用した。

著者のその他の作品