最初へ

新流行歌集(抄)

目次

○あゝわからない

○あゝわからない/\。今の浮世はわからない。

文明開化といふけれど。表面(うはべ)ばかりじやわからない。

瓦斯(ぐわす)や電気は立派でも。蒸気の力は便利でも。

メツキ細工か天ぷらか。見かけ倒しの夏玉子。

人は不景気々々と。泣き言ばかり繰りかへし。

年が年中火の車。廻して()るのがわからない。

○あゝわからないわからない。義理も人情もわからない。

私欲(よく)(まなこ)がくらんだか。どいつもこいつもわからない。

なんぼお金の世じやとても。あかの他人(たにん)にいふもさら。

親類縁者の間でも。金と一言聞くときは。

忽ちエビスも鬼となり。鵰眼(くまたかまなこ)をむき出して。

喧嘩口論訴訟沙汰。これが開化か文明か。

○あゝわからないわからない。乞食に捨児に発狂者。

スリにマンビキカツパライ。強盗せつ盗詐偽(さぎ)取財(しゆざい)

私通姦通無理情死(むりしんじう)。同盟罷工や失業者。

自殺や餓死凍死(うへじにこゞへじに)。女房殺しや親殺し。

夫殺しや(しゆ)殺し。目も当てられぬ事故(こと)ばかり。

むやみやたらに出来るのが。なぜに開化か文明か。

○あゝわからないわからない。金持なんぞはわからない。

贅沢三昧仕放題。妾をかこふて酒呑んで。

毎日遊んで()りながら。金がだんだん増へるのに。

働く者はあくせくと。流す血の汗油汗。

夢中になつて働いて。貧乏するのがわからない。

貧乏人のふへるのが。なぜに開化か文明か。

○あゝわからないわからない。賢い人がなんぼでも。

ある世の中に馬鹿者が。議員になるのがわからない。

議員といふのは名ばかりで。間ぬけでふぬけで腰ぬけで。

いつもぼんやり椅子の番。唖かつんぼかわからない。

○あゝわからないわからない。当世紳士はわからない。

法螺(ほら)資本(もとで)に世を渡る。あきれ蛙の(つら)の皮。

あつかましいにも(ほど)がある。其の癖芸者に振られたり。

弄花(はな)に負けたりする時は。青くなるのがわからない。

○あゝわからないわからない。今の坊主はわからない。

殊勝な(つら)でごまかして。寝言念仏ねむくなる。

女をみだぶつ法蓮華経(ほれんげきやう)。それもしらがのぢいさんや。

ばあさん達が金着(きんちやく)を。はたく心がわからない。

○あゝわからないわからない。耶蘇(やそ)の坊主もわからない。

飯も食へない人達に。アーメンソーメンうんどんを。

食はせるなればよいけれど。聴かせるばかりで何になる。

何も食はずにお前等の。まづい説教がきかれよか。

○あゝわからないわからない。威張る役人わからない。

なぜにいばるかわからない。(ただ)ムチヤクチヤに威張のか。

彼等がいばれば人民が。米搗(こめつき)バツタを見る様に。

ヘイ/\ハイ/\ピヨコ/\と。御辞儀するのがわからない。

○あゝわからないわからない。今のお医者はわからない。

仁術なんぞといふけれど。本職はおやめでたいこもち。

千代萩(せんだいはぎ)ではあるまいし。竹に雀の気が知れん。

貧乏人を見殺しに。して()る心がわからない。

○あゝわからないわからない。弁護士なんぞもわからない。

をだてゝ訴訟を起させて。原告被告のなれあいで。

何をするのかわからない。勝つも負けるも人の事。

報酬(むさぼ)る事ばかり。何が義侠(ぎきやう)かわからない。

○あゝわからないわからない。なぜにわれ/\人間は。

(たがひ)()くまで齷齪(あくせく)と。朝から晩まで働いて。

苦しい目に遇ひ難渋の。事に出遇(であ)ふて死ぬよりも。

辛い我慢をしてまでも。命を続けて()るのやら。

どう考へてもわからない。何を目的(めあて)生存(ながら)へて。

()るのかさつぱりわからない。我身で我身がわからない。

○あゝわからない/\。善悪正邪(いゝもわるい)もわからない。

ます/\闇路(やみぢ)に踏み迷ひ。もだへ苦しむ亡者殿。

お前はホントニわからない。権利も自由もわからない。

経済問題わからない。いつまで迷ふて御座るのか。

○あゝわからないわからない。生存競争わからない。

鉄道電気じやあるまいし。針金細工の綱渡り。

こんな危険(あぶな)い事はない。こんな馬鹿げた事はない。

死んだが増しかもわからない。あゝわからない/\。

○あゝ金の世(新俗体詩)

○あゝ金の世や金の世や。地獄の沙汰も金次第。

笑ふも金よ泣くも金。一も二も金三も金。

親子の中を()くも金。夫婦の縁を切るも金。

強欲非道と(そし)ろうが。我利々々亡者と譏らうが。

痛くも痒くもあるものか。金になりさへすればよい。

人の難儀や迷惑に。遠慮して()ちや身がたゝぬ。

○あゝ金の世や金の世や。希望(ねがひ)は聖き労働の。

我に手足はありながら。見えぬくさりに繋れて。

朝から晩まで絶間なく。こきつかはれてつかれ果て。

人生(ひと)の味よむ暇もない。これが自由の動物か。

○あゝ金の世や金の世や。牛馬に生れて来たならば。

あたら頭を下げずとも。いらぬお世辞を言はずとも。

済むであろうに人間と。生れた因果の人力車(くるま)(ひき)

やぶれ提灯(てふちん)股にして。ふるひをのゝくいぢらしさ。

○あゝ金の世や金の世や。蠟色ぬりの自働(ママ)車に。

乗るは妾か本妻か。何の因果ぞ機織(はたをり)は。

日本に生れて支那の米。綾や錦は織り出せど。

残らず彼等に奪はれて。ボロを着るさへまゝならぬ。

○あゝ金の世や金の世や。毒煙燃ゆる工場の。

あやうき機械の(もと)にたち。命を賭けて働いて。

くやしや鬼に(むち)うたれ。泣く泣く求むる(かて)(しろ)

顔蒼(あを)ざめて目はくぼみ。手は皆たゞれ足腐り。

病むもなか/\休まれず。聞けよ人々一ふしを。

現代(いま)の工女が女なら。下女やお三はお(ひい)さま。

○あゝ金の世や金の世や。物価(もの)は高くも月給は。

安い弁当腰に下げ。ボロの洋服破れ靴。

気のない顔でポク/\と。お役所通ひも苦しからう。

苦しからうがつらからうが。つとめにや妻子(つまこ)(あご)()る。

○あゝ金の世や金の世や。(ひん)といふ字のあるかぎり。

浜の真砂と五右衛門は。尽きても尽きぬ泥棒を。

をさへる役目も貧ゆえと。思へばあはれ雪の()も。

外套一重に身を包み。寒さに凍るサ−ベルの。

つかのま眠る時もなく。軒端(のきば)の犬を友の身の。

家には妻が独り寝る。煎餅蒲団も寒からう。

○あゝ金の世や金の世や。牢獄(らうや)の中のとがにんは。

食ふにも着るにも眠るにも。世話も苦労もない身体(からだ)

牛や豚さへ小屋がある。月に百両の手当をば。

受ける犬さへあるものを。『サガツチヤコワイ』よ神の子が。

掃溜(はきだめ)などをかきまわし。橋の(たもと)(のき)(した)

石を枕に(こも)の夜具。餓えて凍えて行路病者(ゆきだほれ)

○あゝ金の世や金の世や。(この)(さむ)ぞらに此の薄着。

こらへきれない空腹(すきばら)も。なまじ命のあるからと。

思ひ切つては見たものゝ。年取る親や病める妻。

飢へて泣く児にすがられて。死ぬにも(しな)れぬ切なさよ。

○あゝ金の世や金の世や。神に仏に手を合はせ。

をみくじなんぞを当てにして。いつまで運の(そら)頼み。

血の汗油を皆吸はれ。頭はられてドヤサレて。

これも不運と泣き寝入り。人のよいにも程がある。

○あゝ金の世や金の世や。(あは)れな民を救ふべき。

尊き(をしへ)の田にさへも。我儘(わがまゝ)勝手の水を引く。

これも何ゆへお金ゆへ。あゝ浅ましき金の世や。

長兵衛宗吾郎何処に()る。大塩マルクス何処に()る。

○あゝ金の世や金の世や。互に血眼皿眼(ちまなこさらまなこ)

食ひ合ひ()りあひむしり合ひ。敗けりや乞食か泥棒か。

のたれて死ぬか土左衛門。鉄道往生首くゝり。

死ぬより(ほか)に道はない。あゝ金の世や金の世や。

日本ペンクラブ 電子文藝館編輯室
This page was created on 2008/12/17

背景色の色

フォントの変更

  • 目に優しいモード
  • 標準モード

添田 啞蟬坊

ソエダ アゼンボウ
そえだ あぜんぼう 演歌師。本名は平吉。1872(明治5)年~1944(昭和19)年。神奈川県生まれ。横須賀で見た壮士の街頭演歌に感動し、演歌壮士の団体から印刷物を取り寄せ、ひとりで演歌を始めた。その後、作詞作曲をするようになり、特に日清戦争後は疑獄や世相を批判し、歌と演説で社会改良に取り組むようになった。堺利彦の知遇を得て社会党の評議員になった。時世を鋭く巧みについた演歌を多数残した。

掲載作は1916(大正5)年5月の日付で坊を「現代の一人傑」と評した堺利彦の序文のある『新流行歌集』から2作品を抄録。90年後の現代の社会状況についても通用する文言が目立つ。『明治文学全集83 明治社会主義文学集(一)』(1965年、筑摩書房刊)に所収されている。一部差別的な表現もあるが、歴史文書なのでそのままにした。

著者のその他の作品