最初へ

門弟泉鏡花を励ます書簡

「夜明まで」は「鐘聲夜半録」と題し例の春松堂より借金の責塞(せめふさぎ)に明日可差遣(さしつかはすべき)心得にて 此二三日に通編刪潤(さくじゆん)いたし申侯 巻中「豊嶋」の感情を看るに常人の心にあらず 一種死を喜ぶ精神病者の如し かゝる人物を點出するは畢竟作者の感情の然らしむる所ならむと(ひそか)に考へ(をり)候ひしに 果然今日の書状を見れば作者の不勇気なる 貧窶(ひんる)の爲に攪亂されたる心麻の如く 生の困難にして死の愉快なるを知りなどゝ (ミダ)りに百間堀裏の鬼たらむを(こひねが)ふ其の膽の小なる芥子の如く 其心の弱きこと苧殻(おがら)の如し。さほどに賓窶が(くるし)くは(なん)其始(そのはじめに)彫閨錦帳の中に生れ来らざりし。破壁斷軒の下に生を享けてパンを咬み水を飲む身もならずや。其天を樂め!

 (いやしく)も大詩人たるものはその「脳」金剛石の如く、火に焼けず、水に溺れず 刃も入る能はず、槌も撃つべからざるなり、何ぞ(いはん)や一飯の(うゑ)をや。

 汝が金剛石の脳未だ光を放つの時到らざるが故に 天汝に苦楚の沙

艱難の砥とを與へて汝を磨き汝を琢くこと數年にして 光明千萬丈赫々として不滅を照らさしめむが爲也 汝の愚癡(ぐち)なる() 寶を抱くことを曉らず (みづから)悲み(みづから)棄てゝ 隣人の瓦を_(あ)ぐる見て羨む志、卞和(べんな)にして楚王を兼ぬるものといふべし。

 汝の脳は金剛石なり。金剛石は天下の至寶なり。汝は天下の至寶を(おさ)むるものなり。天下の至寶を藏むるもの 是豈(これあに)天下の大富人ならずや。

 於戲(あゝ)天下の大富人 (なんぢ) 何ぞ不老不死の藥を求めて其壽を延べ其樂を窮めざる?!

 貧民倶樂部はまだ手を着けず。少年ものは賣口(うれくち)あり。十分推敲しておくるべし。

 近來は費用つゝきて小生も困難なれど 別紙爲替(かわせ)の通り金三圓だけ貸すべし

 (うま)(たゆ)まず勉強して早く一人前になるやう心懸くべし

 

    明治二十七年

      五月九日        紅 葉

 

 鏡花 君

日本ペンクラブ 電子文藝館編輯室
This page was created on 2005/05/06

背景色の色

フォントの変更

  • 目に優しいモード
  • 標準モード

尾崎 紅葉

オザキ コウヨウ
おざき こうよう 小説家 1867・12・16(陽暦1868・1・10)~1903・10・30 江戸芝中門前町に生まれる。我楽多文庫から硯友社にいたる文学運動を主導、泉鏡花をはじめ俊秀を育て、文学の根幹である文章に彫心鏤骨の才を注ぎ込んで、36歳、若くして病魔に斃れた。近代文学筆頭の大作者であった。

掲載作は、表題の示す通りである。愛と慧眼に胸打たれる。

著者のその他の作品