初夏

初 夏

田圃の早苗が葉先を天に向けている

夕陽が空のキャンバスを彩り抽象画を描く

絵は日没と共に消え蛙が啼き出す

「こうもりさ~ん おいで~」

「こうもりさ~ん こっちだよ~」

毎年 初夏になると ふたりの孫が

ビルの四階から蝙蝠を呼ぶ

昼間 どこに潜んでいるのか

黒マントをヒラヒラさせて

三十頭ほどが群れになってやって来る

孫はベランダから手を伸ばす

蝙蝠の鋭敏なレーダーは

小さな手の指先に触れそうになると

プイ と向きを変えてしまう

夜空に月が出る

影絵のようになって優美に飛び続ける蝙蝠

「こうもりさ~ん またあしたね」

「こうもりさ~ん おやすみなさ~い」

蛙の合唱が一段と大きくなる

 

人間の都合で棲家を追われたのか

自然環境の変化か

2003年の夏を最後に

蝙蝠は来てくれない

 

 

Early Summer

Rice sprouts of the rice field turns a tip of a leaf to the sky.

Setting sun colors an empty canvas and draws an abstract picture.

The picture disappears with sunset, and frogs begin to croak.

"Hey Bat ~ come here ~ "

"Bat ~ come to me ~ "

Two grandchildren call bats every year from the fourth floor of the apartment when it is summer.

I do not know where there are bats in the daytime.

Almost thirty bat are coming in crowd with black cape fluttering.

Grandchildren reach it from the veranda.

Bat's smart radar screen change direction at once when it touches the tip of a finger of a small hand.

The moon appears in the night sky.

Bats who become like shadowgraph, and keep flying gracefully.

"Bat ~ See you tomorrow"

"Good night ~ "

Frogs' choruses grow further.

 

Is it a change in man's circumstances or natural environment to lose the house?

In bats' coming, the summer of 2003 was last.

 

 

日本ペンクラブ 電子文藝館編輯室
This page was created on 2017/06/07

背景色の色

フォントの変更

  • 目に優しいモード
  • 標準モード

平原 比呂子

ヒラハラ ヒロコ
ひらはら ひろこ 詩人。1943年7月大阪府生まれ。詩集に『棟上げ』(1988年1月、ひまわり書房刊)ほか。

掲載作は国際ペン東京大会2010記念「詩アンソロジー」よりの転載である。

著者のその他の作品