最初へ

浅黄服の男

(上)

 雨の日が幾日も続いた。工場の多い芝浦の埋立地にも春の雨は柔かな柳の芽を促して、さすがに暢然(のんびり)とした気分を湧かした。芝浦鉄工所のけたゝましい六時半の汽笛を聴いてから、()う三十分と経つた頃だツた、下宿の婆さんは階段の下から味も素ツ気もないやうな声で大石を呼んだ。

『大石さんツたらありやしない。今日(けふ)も休むんですか。大石さん、何ですね毎晩々々夜更しばツかりする癖に。』

 二階からは何の返辞もなかつた。

最一度(もいちど)お婆さんは大きな声を出して、

『大石さん、今日もくたばツてるんですかツて』毒付いて見た。大石は(やツぱり)何とも応へなかつた。

 大石は芝から程遠からぬ郡部の護謨(ごむ)会社の機械職工として毎日お婆さんの宿から通つてゐた。一体彼は小さい時から疳性(かんせう)の負け嫌ひの男であつた。加之(それ)に彼はまた天性(うまれつき)の機械師であつた。越後の田舎の(ある)鉄砲鍛冶の弟子となつてゐる頃から、当時(そのころ)流行(はや)り出したモ−ゼル銃の装填装置を模倣(まね)たり、或は自分で鉄輪の自転車を(こしら)えて村人を驚かしたこともあつた。東京に出たのは十六の冬であつた。深川の瓦斯(がす)会社に入つたのが彼が蒸気機械を知つた(はじめ)であつた。先天的に機械的の頭を()つた彼は二三ケ月で一人(ひとり)(まへ)の機械師になつた。たゞ彼の欠点ともいふべきは彼の短気と飽きつぽいことであつた。今の護謨会社に来たのは(やつ)と四五ケ月(ぜん)のことであつた。それでも彼としては辛抱して(つと)めた方であつた。彼は朝の五時から百五十馬力の汽機(エンヂン)を動かして夜の十時に芝の下宿に(かへ)るのであつた。

 昨日の午後であつた。機械部主任の堀内技師が課長室に彼を呼んだ。 

『大石、お前が汽機の方を扱ふやうになつてから脂油(あぶら)と、絲屑が非常に減つて行くが一体どうしたんだい。』

『そりや——、何も私が知つたことぢやありません。脂油はみんなあの汽機が飲んだんでせう。絲屑は汽缶室(ボイラールーム)の後にありますあの埃箱(ごみばこ)が食つて(しま)つたのでせう。』

『何つ? 馬鹿? 何で汽機が脂油を飲むものか人を馬鹿にしてる』

主任の声は震へてゐた。

『何も私は貴方(あなた)を馬鹿にしてるんぢやありません。そりや無論以前より脂油も減つたでせう。絲屑も沢山()るやうになつたでせう。ですがね』

(なま)意気(いき)言ふな。何がですがねだ……』

『まあ、待つて下され。脂油も減つたでせう、絲屑も減つたでせうさ。だがね私は人様(ひとさま)のやうに会社の金を喰つたり、職工の血を絞るやうなことは致しませんからね』

大石は平然として語り出した。

(おまへ)の今の言葉は何だ。最一度言つて見ろ。叩き出してやるぞ。明日(あす)から米櫃(こめびつ)があがつたりだぞ』

『主任さん、(なん)其麼(そんな)露骨(むき)になつて怒ることはないでせう。私は(なん)も貴方が()うの()うのと申した訳ぢやないんです。()も角汽缶室から汽機室(エンヂンルーム)の方を一と通り御覧になつたら()いでせう。調制器(ガバナア)が調制器の働きもせず、汽筩(シリンダー)からは蒸汽(スチーム)の洩れるやうな汽機がお好みなら脂油も絲屑も()ますまい。』

何時(いつ)までもぺら々々饒舌(しやべ)るな』

『饒舌るなつて言ふんなら饒舌りますまい』

『が、言ふだけのことは言はして下さい』

(おまへ)』は最う帰れ。其麼(そんな)(やつ)は俺ん(とこ)には使へない、帰れ。』

『帰れツと仰しやるんですか。はい、帰りませう』

『だがね、主任さん、脂油と絲屑を存分機械に食はせるやうな職工がゐなくツちや会社は成立(たち)ますまいぜ。袖の下で金を食ふやうな技師ばツかしぢや今に汽機も錆び着いて了ツて、あの高い煙突には(つた)が這いませうよ。はい。さようなら。』

 ()うして彼は護謨会社を()して了つた。

 何時もの時間でもない午後の三時頃漂然(ひよつくり)帰つて来た大石を見た時、下宿の婆さんは、()(げん)(かほ)をして彼を凝視(みつ)めた。

『大石さんまた喧嘩(けんくわ)ですか。』

『また喧嘩だよ、お婆さん。』

(たれ)となんです。』

『主任の(ひげ)とよ』

『堀内さんと?』

『最う解傭(よされ)たんだよ』

真個(まつたく)ですか』

『うむ』

 お婆さんとの対話はこれでお(しま)ひになつた。婆さんは明日は()たあれでも会社に出るんだらうと思つて、腹の中では(いつも)疳虫(かんむし)発生(おこ)ツたのだ位に考へてゐた。その()は彼は遅くまで飲んでゐた。

(下)

 翌日(あくるひ)のことである。

 幾月目かに太陽()のある(うち)に銭湯に行つて帰つた彼は、古ぼけた半ば壊れかゝつた手摺にもたれながら雨の音を聴いた。屋根越しに見ゆる深川の煙突やお台場の青い草が雨に(けぶ)つて、捨てられたやうな小舟が一本の竹棹に繋がれて、波の胸に揺られながら黒ずんで見えた。沖の鴎が埋立地の草原の上まで()んで来てはまた沖の方に見えなくなつた。

 彼には今日まで落ち着いて物事を考へるといふことはなかつた。自分といふこと、社会といふこと、生といふこと、死といふこと、生れて十幾年ついぞ想察(かんが)へたこともなかつた、生れてから始めて彼は泌々(しみじみ)と自分といふことを想察へた。

『俺は今日から食ふことを考へなければならぬ。昨日(きのふ)までは兎に角会社が俺に食はして呉れた。』

 彼は従来(これまで)色んな会社に勤めて幾度も解傭(よさ)れたり、或は自分で()したこともあつた。そして幾日も職を求めて遊んだこともあつた。しかし一度も未だ今朝のやうなことを考へたことはなかつた。

『何処でも俺を傭つて呉れなかったら()うしやう』

 ()想察(かんが)へて来ると彼は食ふといふこと、言ひ換へて見れば生きるといふことよりも、まづ働くといふことの出来ない苦痛を切実に感ぜずには(ゐら)れなかった。

『最う八時だ会社の汽機(エンヂン)()い機械だつた。毎朝(フライ)(ホヰ−ル)を廻す(たんび)に俺は思つた。彼麼(あんな)に具合の()い機械は他にはありやしないよ』

 大石は今朝つくづくと食を(あさ)つて得ぬ人の不安を感じたが、それも何時の間にか消えて了つて、幾年来親しんだ汽機の滑動(スライヂング)や飛輪の噪音(さうおん)か懐しくなつて、(やつ)(かしら)(もた)げかけた食うといふ事や、生きるといふやうな事や、傭口(やといくち)のない杞憂(しんぱい)などは煙のやうに()えて了つた。

『俺は()うしても脂油(あぶら)(にほい)と、機械の活動の中に生きてる人間だ。俺は行かう。そうだ深川の方に行つたら傭つて呉れるだらう。』

 彼は褞袍(どてら)浅黄(あさぎ)の労働服に着替へた。

其麼(そんな)(ふう)で何処に行くんです。御飯をお(あが)んなさいな』階段を下りた時お婆さんはお世辞笑をして言つた。

『あ、ありがたう。僕ね鳥渡(ちよつと)深川まで行つて来るから。』

 朝飯(あさめし)も食はずに彼は芝の往来を源助町の方に行つた。

『俺は今度は千馬力位の汽機が使用(つか)つて見たいな。』這麼(こんな)ことを繰り返しながら街を急いだ。

朝来(あさ)の小糠雨は終日(いちんち)()まなかつた。

 その日の午後浅黄服の一人の男が深川△△△造船工場の前に立つてゐた。

日本ペンクラブ 電子文藝館編輯室
This page was created on 2008/12/05

背景色の色

フォントの変更

  • 目に優しいモード
  • 標準モード

吉田 絃二郎

ヨシダ ゲンジロウ
よしだ げんじろう 小説家 1886年~1956年 佐賀県神崎郡生まれ。1909(明治42)年、砲兵少尉で除隊後早稲田大学に復学卒業、大正期に入って創作を発表し始めた。キリスト教的社会改良主義の友愛会から創刊された「友愛新報」、「早稲田文学」などに作品を発表。主な作品に「島の秋」などがある。1917(大正6)年10月「早稲田文学」に掲載された「島の秋」の大好評により文壇での地位を固めた。早稲田大学教授となって以降も昭和10年代初めまで旺盛に創作活動を続け、ことに時代の傾斜に感傷した繊細に暗い人生観は、息苦しい昭和戦前の若者の心に多くをうったえた。

掲載作は、1912(大正元)年11月3日付けの「友愛新報」第一号が初出。明治・大正期の非正規労働者の生活を描いた初期の短編小説である。1965年筑摩書房刊「明治文学全集83 明治社会主義文学集(一)」所収。「島の秋」は、電子文藝館に掲載。

著者のその他の作品