木の人

心のやさしい人は

木から生まれたのである

 

おはよう と言って彼が去ったあと

両耳のまわりで 何だか

さえずりみたいなものがくすぐったりする

 

彼が立っているのを遠くから見ていると

空ってこんなに満ちあふれているのかと思ったりする

もっと立っていると

雲のひそひそ話が聞こえたりすることもあるけれど

 

彼自身が話してるときは

彼は風のようだ

色なんかない

簡潔な風

 

心のやさしい人は

たぶん 木を生むだろう

それはあなたのまなざしに根づいて

やがてあなたの鼓動を青青とさせるだろう

いつまでも

 

 

The Person of The Tree

The kind person in the heart

is born from the tree

 

After he leaves by saying “good morning”,

the sound like the twitter tickles you

in the neighborhood of both your ears.

 

When seeinng that he stands from the distance,

it thinks that the sky is crowded very much in the filling.

When still standing,

it is sometimes possible to hear the whispering talk of cloud, too.

 

When himself is talking,

he seems to be a wind.

The concise wind

which is no color at all.

 

The kind person in the heart

will have a tree probably.

It roots in your look

and will finally make make your beating blue blue

forever.

 

 

日本ペンクラブ 電子文藝館編輯室
This page was created on 2017/04/17

背景色の色

フォントの変更

  • 目に優しいモード
  • 標準モード

日原 正彦

ヒハラ マサヒコ
1947年 岐阜県生まれ 詩人。詩集に『夏の森を抜けて』(2009年、ふたば工房刊)など。

掲載作は国際ペン東京大会2010記念「詩アンソロジー」よりの転載である。

著者のその他の作品