少 年

ここから広島の郊外

夏草の残る練兵場

午前八時十五分

少年はこんなに朝早くから

昆虫でも探しにやってきたのだろうか

突然

一条の閃光が少年を貫いた

彼は一本の火柱となった

一瞬 炭素と化した少年は

焦土に大の字に横たわり

空洞の眼を大きく見開いて

天を睨んだ 空洞の口を大きく開いて天に叫んだ

母を呼んだか

兄弟を 友を呼んだか

痛みの叫びか

一本の歯もない

一本の爪の白ささえない

からからに炭と焼かれた少年を

なおも天と地の炎熱が焦がしつづける

 

 

The Young Boy

Here on the outskirts of Hiroshima

In the military parade grounds overgrown with grasses

At a quarter past eight

A young boy

Has he come looking insects

So early in the morning?

Suddenly

A flash of light strikes the boy

Turning him into a pillar of fire

Instantly reduced to charcoal

He falls to the scorching ground

Legs splayed, arms outstretched

Black, hollow eyes glaring up at the sky

Mouth gaping upwards in a silent scream

In he calling out for his mother?

For his brothers, sisters or friends?

Or screaming in agony?

Not one single tooth

Or fingernail even,remaining

Still the blazing inferno continues to burn

The charred remains of the young boy

 

                                (Translated by Susan Bouterey)

 

 

日本ペンクラブ 電子文藝館編輯室
This page was created on 2017/03/12

背景色の色

フォントの変更

  • 目に優しいモード
  • 標準モード

橋爪 文

ハシヅメ ブン
はしづめ ぶん 詩人 1931年 広島県広島市に生まれる。1945年8月6日、広島に原子爆弾が投下された。14歳の時、爆心地より1.6キロの勤労動員中の郵便局で被爆し瀕死の重傷を負ったが、人々の助けで奇跡的に生きのびた。命の恩人たちは原爆症などでその後亡くなり、生き残された者の重みを背負いながら、さまざまな創作活動(詩・随筆・歌曲・合唱曲など)に取り組んできた。その傍ら世界各地で、原爆体験を語る「反核平和ひとり行脚」を展開してきた。

掲載作は国際ペン東京大会2010記念「詩アンソロジー」よりの転載である。