愛シテイル

触れあおうとする指先があつくなろうとしている

いるはずだが このところずっと手をつないでいないからね

 

だから だからなかなかうまく笑えない

とてもとおおぅい とおおうすぎる「太陽」と「月」は

 

億年の未来から眼をさらのようにしているはずなのに

喃語は なおのこと奪っていないはずなのに

 

ふかふかのまみどりの森にいる鳥が

色とりどりの花の匂いを啄んでしまうこともあって

 

しん。とする 不意に交わそうする聞き慣れない木の音が

こっそりと森をやぶって ぼうやの未来を壊すこともあり

 

ねぇ ぼうや

 

ねえ 涙でよくみえないのだけれど

あいやのほろほろ あんよはじようず

 

なかったことにはならないから

きっと どこかに浮遊しているはずだから

 

花篝のような

まだはじまり あんよははじまったばかり

まっくろな瞳が燭のようにおおぅきくなる とき剃那

 

はじけるといいが

抱きしめて のぞきこむ まばゆいすべての声

泣カシテシマウノデハナク ヨシヨシスル証ヲ太陽ニコッソリシマオウ

 

 

Ⅰ Love You

The fingertips that were trying to touch were getting warm

And should be but we had not held bands in ages

 

And so,and so we find it hard to laugh it off

The“sun”and“moon”are Very far apart,too far apart

 

And from ten million years in the future,they will surely make our eyes as wide as saucers

Babbling will not snatch away what we have in addition

 

The birds in The pure green deep,dark forest

Will also pluck the aromas of many-colored flowers

 

Silence.All is quiet. All of a sudden,seeking to merge,an unfamiliar tree sound

Quietly rips though the forest it can also break a boy's future

 

You know,my boy...

 

You know Though I can't see well though the tears

Come on,now,that's it,that's it How well you can walk!

 

Since it will not do to pretend it never was

Surely because you are surely floating someWhere

 

Like a fire lit to illuminate the chenrry blossoms at night

Just starting just beginning to Walk

In the pitch dark,the light getting bigger,like a candle,in an instant

 

THough it is called bursting open

Embracing peeping inside The voice of all the brightness

Dose not cause you to cry It's OK,It's OK As proof,let's put it away in the sun,secretly

                (Translated by Stephen Comee)

 

 

日本ペンクラブ 電子文藝館編輯室
This page was created on 2016/12/17

背景色の色

フォントの変更

  • 目に優しいモード
  • 標準モード

原田 道子

ハラダ ミチコ
はらだ みちこ 1947年高崎生まれ 詩人。詩集に『曳舟』(2009年、砂子屋書房刊)ほか。

掲載作は国際ペン東京大会2010記念「詩アンソロジー」よりの転載である。

著者のその他の作品