哀しみなどというものは

哀しみはないのだ

哀しみなどというものは

いま 終の間際にあろうとも

すっかりの骸に もう野晒しが似あうとしても

そのときそれまでの生が

はたして生などあったのか

もはや憶い出せなどしなくとも

 

そうでなければあのように

吹いてはゆけない 風はすぎる

立ちどまる哀しみなどなくあのように

風はすぎる

 

 

What sadness is

There is no sadness

What sadness is

Now even at the brink of death

Even though exposure to the elements

Only suits what is just a corpse now

The life that I lived till then,

Has it truly been a real life?

It's already too late to recall

 

Otherwise

The wind wouldn't blow the way it does

The wind passes by

There is no halting sadness, like that

The wind just blows away

 

            (Translated by Chikae Tniguchi)

 

 

日本ペンクラブ 電子文藝館編輯室
This page was created on 2016/11/16

背景色の色

フォントの変更

  • 目に優しいモード
  • 標準モード

船木 倶子

フナキ トモコ
ふなき ともこ 詩人 1952年 秋田県男鹿半島に生まれる。

掲載作は国際ペン東京大会2010記念「詩アンソロジー」よりの転載である。

著者のその他の作品